1週間だけヴィーガンやろうとした記録|ウィークデイ・ベジタリアンについて

雑記

1週間だけヴィーガンになろうとした記録と感想。6日目の昼に友人に誘われてハンバーグ食べちゃったんだけどね。
急に違う話になるけど、平日だけベジタリアン(ヴィーガン)になる「ウィークデイ・ベジタリアン」という食生活の取り組みがあるらしい(記事の最後で紹介してます)。
なので、今週は1回だけウィークデイ・べジタリアンになったと言えなくもない。ものは言いよう。記録とか感想とかこれからのこととか簡単にまとめます。

なぜ1週間だけヴィーガンをやろうとしたか

Huelしか口にしてない日に、「あれ、このまま今日から肉とか魚とか食べなかったらヴィーガンになれるな」と思い至り、「この1週間、ご飯食べに行く予定とかないし……試すか」ととんとん拍子で実験してみることに決めました。思想・信条云々ではなく、自分の体がどう変化するかを見てみたかった、というのが動機。

▼Huelについてはこっちの記事
Huel、飲み方に工夫は要るけどおすすめです クーポンもあるよ

あらゆる動物性の成分を含む食品・調味料を食べない」ってルールで生活してました。肉はもちろん、卵、乳製品を口にしてません。調味料でいうと、マヨネーズとかはダメ。あとかつお出汁の粉末もダメだし、コンソメもダメ。ず〜〜〜〜〜っと塩胡椒してた。

お酒は別に飲んでもいいかなと思ってたんですけど、炭水化物とお酒を一緒に飲むのが苦手なので結局飲みませんでした。5日間禁酒した。体の軽いこと軽いこと。羽のようだ。

なに食べたか・作ったか

5日間なに食べたか・作ったかをずらっと並べます。

  • 1日目:食パンと納豆(昼)・Huel(夜)
  • 2日目:ご飯と納豆(朝)・Huel(昼)・豆腐納豆野菜チャーハン(夜)
  • 3日目:チャーハンの残り(朝)・豆腐ペペロンチーノ(昼)・失敗豆腐ハンバーグ(夜)
  • 4日目:そら豆とほうれん草(朝)・Huel(昼)・豆腐ハンバーグ・リベンジ(夜)
  • 5日目:豆腐ハンバーグ・リベンジの残り(朝)・Huel(昼)・なんかスープ?みたいなやつ(夜)
  • 6日目:チャーハンの残り(朝)・洋食屋のハンバーグ(昼)・焼き鳥と酒8杯くらい(夜)

おれがいかに豆腐を食べたかわかりますね。普段も豆腐は結構食べるんですけど、この5日間に関しては水・電気・ガス・豆腐って感じだった。生活インフラにイソフラボンが食い込んでくる日が来るとは……
先述の通り、6日目の昼に友人が来たのでそこからはめちゃめちゃ肉食べました。なんかベロの側面でも「肉」を感じた。肉ってすごい。

ヴィーガン料理写真集


▲スープを作ったんだけど、何を入れたかあまり覚えてない……辛かった記憶があるので、唐辛子系のスパイスをいっぱい入れたんだと思う。

基本的に、ぼくの料理はユートニウム博士がパワーパフガールズ作った時のように、手当たりしだい鍋に目分量の材料と調味料をぶちこむだけなので、往々にしてこういう謎の料理ができます。


(参考。パワーパフガールズ一気見できるって!! いい時代だ)


▲豆腐納豆野菜チャーハン。家に余ってたカレー粉(賞味期限切れ)を全部ぶちこんだ。米の内部の方にちょっとだけ豆腐が入っています。


▲失敗豆腐ハンバーグ。目分量で小麦粉・片栗粉・水・豆腐を混ぜたんだけど、水っぽすぎてもろもろ崩れました。
もろもろ」って擬態語、「豆腐ハンバーグが崩れるときのこの感じにぴったりだよな〜〜」と思いながらぐっずぐずのハンバーグなり損ね豆腐を食べた。
ちなみに翌日リベンジしてもろもろさせずに豆腐ハンバーグを完成させましたが、写真は撮り忘れました。

全体的に茶色茶色してて美味しそうじゃないな。次はもっと美味しそうに撮りますね。

1週間ヴィーガンレシピ作ろうと思って考えたこと


ヴィーガンのレシピで大事なことって恐らく「摂取できない動物性タンパク質を植物性タンパク質でいかに補うか」になってくるのですが、自分の料理スキル的に、この問題は「いかに豆腐をおいしく・手を変え品を変え・食べるか」に換言されるんですよね。なのでいっっっっっぱい豆腐食べました。あとそら豆。

豆腐はヴィーガンにとっての肉」みたいな話をどこかで聞いた(多分、荒川アンダーザブリッジのあとがきで中村光が言ってた)んですけど、ホントにその通りだと思いました。豆腐がないと、この生活は成り立たない。

あと油揚げ切ってる時に刺身のサクを切ってる感覚を覚えたので、油揚げはヴィーガンにとっての刺身ということにしませんか? しましょう。

やってみてよかったこと・メリット

たかが5日間だけなんだけど多少は変化があったので簡単に書きます。

体重は落ちる

Huel飲んでるからかもだけど、引き続き体重は落ちてます。1週間で0.8kgくらい痩せた。Huel飲み始めてからだと1.7kgくらい痩せてる。

このペースで行くと、1年8ヶ月ほどで体重が0になり、9ヶ月目からは体重がマイナス◯キロになります。存在していないのに存在しているということになる。早くなりたい。

体は軽い

胃を中心に体が軽い感じがしました。常にお腹の中にいる何かがずっと不在になってる感覚。学校で例えると、ずっと自習の時間が続いてる感じでした。楽。
もちろんお酒飲んでないからってのもあるんですけど、禁酒とはまた違う感覚でした。禁酒だけの時は、学校で例えると楽勝な古典の授業って感じだった。

朝めっちゃお腹すいてる

3日目くらいから、朝ごはんが楽しみになるくらい、目が覚めてすぐ空腹を覚えるようになりました。夜寝るのが苦しいってほど空腹ではないんですけど。

やってみてしんどかったこと・デメリット

5日間しかやってないので正直しんどいことなんてひとつもないけど、だるいことはあった。

原材料見てあ〜ってなること多すぎ

何しろ食べるものが制限される。「これ食えんのかな?」と思って原材料見る→「動物性の成分を含んでいるやないかい!」っての多くて面倒でした。間違って食べちゃわないようにかなり原材料読み込んでたけど、とにかくできものの惣菜とかはまず買えない

あと、「ビールは大地の恵み水だろ」と思ってアサヒのジョッキ缶買ったんですけど、なんかアサヒビールだけ製造工程を公開してないんですよね。原材料・製造工程がわからなかったので飲めませんでした。昨日飲んだ(ほとんどこぼした)。

もちろん店とかも行けないです。ヴィーガンメニューとかって調べないと本当に見つからないんですね。そういうのがわかっただけでもよかったです。

普段、お店とか調べる時に「嫌いなものとか食べられないものありますか?」とは聞くようにしてるんですけど、ヴィーガンの人のために色々お店も見ておけるといいな。

カレー屋さんはヴィーガン向けのメニューが充実しているので色々楽です。ありがたい。

ウィークデイベジタリアン・肉との付き合い方

先述の通り、ぼくは思想・信条ではなく単純な自分の体への興味からヴィーガンの食生活を試してみたわけですが。でもまあ環境〜とかサステイナブルな在り方〜みたいなものに興味がないわけでもないし……って感じです。

ということで、うだうだネットサーフィンをして、平日だけベジタリアン・ヴィーガンをやる「ウィークデイベジタリアン」なる食生活の取り組みを見つけました。詳細は上記のTEDの講演をチェックだ! 

この動画しか見てないんだけど、割といい感じかなと思いました。なにより、今回実験してみて、「肉を食べる」って行為がめちゃめちゃハレになる感じが良かった。酒も同様。

肉も酒も、毎日摂取するよりも、週末とかに食べてハッピーになる方が良い。まだ5日間しか試してないけど、肉食わないって決めてもそんなにしんどくなかったし、「平日は食うな」って言われたら大丈夫そう。一生は多分……無理かな。

なので、とりあえず平日(人とのご飯は除く)は動物性タンパク質を摂らない生活を続けてみようかなと思う。少なくとも肉は。平日だけ続けてみて、ちょっと元気でないな〜〜とか思ったら魚は解禁してみようかな。とにかく実験と調査だ……色々調べつつやるので、詳しい方がいれば教えてください。何卒。

コメント

タイトルとURLをコピーしました