面白かったもの

『ビハインド・ザ・カーブ -地球平面説-』感想|一生誰かのいつメンにはなれない

『ビハインド・ザ・カーブ -地球平面説-』を観て、「おれ、一生誰かの”いつメン”にはなれないんだろうな」とふと思った。なんでこんな感想を抱いたのかはわからない。ていうか、いつメンって「いつものメンバー」の略語で合ってますよね? だ...
買ったもの

『Weの市民革命』を読んだ感想(メモなど)

『Weの市民革命』(著:佐久間裕美子)の読書メモ。本当にメモですが、2021年の目標が「多少雑でもいったん見てもらう」なのでそのようにします。 お金を使ったりお金が使われてたりするのを見るとウウッてなっちゃう 話題のオンラインサ...
面白かったもの

マヂカルラブリーno寄席を観た|ランジャタイはなぜおもしろいのか

今年これ以上あるのか?ってくらい笑った 地下ライブだったなー マヂカルラブリーno寄席(1/1 21:00) — マヂカルラブリー 野田クリスタル (@nodacry) January 1, 2021 マヂカルラブリーno寄席で笑...
雑記

2020年の自己採点と感謝|自分とふたりっきりで暮らすのだ

実家に帰ってきている。かれこれ8年は住んだ家だのに、たった1年か2年離れてしまっただけで電気のスイッチを押し間違えたり、「うちの風呂場のタイルって、こんなんだっけ……?」と戸惑ったりしてしまう。 親しいものが自分から離れる瞬間は耐えられる...
買ったもの

吉田健一『酒の味その他』|飲むべき形で飲む:飲み会を最高にするための覚書

今までのうちで或る時飲んだ酒が一番旨かったならば、それはその時だけ酒を飲むべき形で飲んだのであって、酒はもしそれが酒の名を価するものならばいつでも飲み方に気をつけるだけで何ともかともという味がするようにできている。その何ともかと...
面白かったもの

『青い犬の目』(ガルシア=マルケス)で目についた比喩

(7/24 01:10) G・ガルシア=マルケスの『青い犬の目』を読みました。面白かった。以下はアソシエイトリンク。 この短編群はマルケスが若い頃に書いたものが多いらしく(ちゃんと調べてないです)、だいたい死とか不在とか...
面白かったもの

『ANGST/不安』感想|久しぶりに「やばいやつ」を映画で観ました

最近、映画に深い造詣を持つ知己を得たので一緒に付いていった。ウディ・アレンの新作『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』と同日に鑑賞した作品である。ティモシー・シャラメがしゃらくさいモノローグで恋だの愛だのを芸術だのをうだぐだと語るのを聞...
面白かったもの

『Interior Design Masters』(Netflix)感想|絶対的な依頼人、クリエイターのエゴ

NetflixのInterior Design Masters、「僕のスタイルは〜」「私の色を出したいの〜」みたいなデザイナーたちが発注を無視して自分の色を出そうとして審査員にボコられる番組なので、色んな人が見た方がいいと思う 本当に色...
買ったもの

Xiaomi Mi Smart Band 4を買った|あなたもコンピューター様に管理されるべき

行動の全てが監視・計測されている。自分がどれだけ移動し、どれだけのカロリーを消費したのかも、睡眠時間やその質も、心拍数も、余すことなく全て記録されているのである。 XiaomiのMi Smart Band 4を購入してから、『パラノイ...
雑記

2020年の目標|自分の好きな/同居人としての/自分

2019年の抱負 : いっぱい読む、観る、聴く、考える、書く、作る / 自分がいいな〜って思える自分になる — 渡良瀬ニュータウン (@cqhack) December 31, 2019 以前お茶をした友人が「SNSは自分の...
タイトルとURLをコピーしました